意味が分かると面白い話(短編・解説つき)

意味が分かると面白い話(短編・解説つき)

【注意】転載禁止

意味が分かると面白い話の短編一覧です。1話ごとにすぐ下に解説が載っています。

年齢差のある恋

60歳の男がレストランの20歳のウェイターに恋をしました。
しかしあまりに年齢差があるため声を掛けることができずにいました。

そこで友人に相談をすると「年齢を誤魔化せば良いじゃないか」とアドバイスされました。

「何歳って言えば良いの?」と聞いたら友人は「80歳と言えばいいのさ」と答えました。

【解説】
間もなく死ぬと思わせれば遺産目当てで結婚してくれるかもしれないからです。

寿司屋

私は一週間前と同じ寿司屋に入りました。

同じメニューを食べましたが味が落ちているように感じました。

それを大将に言うと不思議そうな顔をしてこう言いました。

「先週と全く同じ魚を使ってるんですけどね」

【解説】
同じ種類の魚ではなく、全く同じ魚つまり先週の残りを使っているので味が落ちたのです。

占い師

よく当たると評判の占い師が男に言いました。
「あなたには子供が2人いますね」

男は不機嫌そうに答えました。
「全然当たらないじゃないですか!私には子供が3人いますよ。」

占い師は言いました。
「大事なことを言い忘れました。『本当の』子供は2人ですね」

【解説】
3人のうち1人は男の本当の子供ではありません。つまり妻が浮気をして作った子供ということです。

何人?

工場見学に来た小学生が案内役に質問しました。
「この工場では何人くらいの人が働いているのですか?」

案内役は答えました。
「そうですねえ、半分くらいの人数ですかね」

【解説】
サボっている人が多いので、まともに働いている人が半分くらいしかいないということです。

お昼寝

ポカポカと気持ちの良い天気の日に公園の芝生で多くの人が昼寝をしていました。

その中に会社の同僚がいたので驚かそうと思って「コラ!仕事をサボッてるんじゃない!」と言いました。

そしたら全員が飛び起きて「すいません!」と叫びました。

【解説】
そこで昼寝をしていた人は皆が仕事をサボっていたのです。

世間は狭い

二人の男がカフェでコーヒーを飲みながら外を見ていました。

すると片方の男がこう言いました。

「いや、驚いた! 俺の妻と愛人が一緒に歩いているぞ。世間は狭いな」

それを聞いたもう片方の男は言いました。

「本当だな」

【解説】
最初の男の言った愛人とはもう片方の男の妻だったのです。

免許証を見せて

警察官「スピード違反ですよ!免許証を見せてください」

運転手「すみません、忘れました」

警察官「そんな言い訳しても無駄ですよ。早く出してください」

運転手「本当なんです。何度も教習所のパンフレットを取り寄せはしたのですが」

【解説】
運転手が忘れたのは免許を取ることでした。

花嫁募集

独身の男が「花嫁募集」と新聞広告を出しました。
しかし誰からも申し込みはありませんでした。

そこで今度は「バツイチでも可」という一文を付け加えました。

すると既婚男性から多くの問い合わせが殺到しました。

【解説】
既婚男性から「ウチの妻でよければどうぞ」という申し出がたくさんきたのです。

睡眠薬

不眠症の男が医者から睡眠薬を処方されました。

男は医者に「いつ飲めば良いのですか?」と聞きました。

医者は「眠れないときに1時間毎に1回飲んでください」と言いました。

【解説】
不眠症の薬なのに効き目が1時間しかないということです。

不幸のニュース

テレビの中でアナウンサーがニュースを伝えています。

「本日未明、赤信号で交差点に突入してきた大型トラックにはねられ、女性会社員の花村花子さん35歳が頭を強く打って死亡しました。トラック運転手は飲酒運転だった模様です」

それを聞いた被害者の恋人は信じられない気持ちになりました。

「ウソだろ、彼女は……25歳と言っていたんだ!」

【解説】
被害者の女性は年齢を10歳もサバ読んで恋人に伝えていたのです。