【水平思考クイズ】「怖い話」を聞いたとき何もかもが同じだった

【水平思考クイズ】「怖い話」を聞いたとき何もかもが同じだった

その怖い話を聞いたとき何もかもが同じだったので僕は恐ろしくなって走り出しました。しかし捕まってしまいました。

怖い話の内容が自分の体験したことと同じだったという意味ですか? はい
非現実的な要素はありますか? いいえ
誰に捕まったかは重要ですか? はい
事件は関係しますか? はい
僕は事件の加害者ですか? はい

友人から次のような怖い話を聞きました。

ある森でお婆さんがナイフを拾いました。
そのナイフはどこかの伝統民族の工芸品のようでした。
そこに刻まれた美しいライオンの彫刻が気に入ったお婆さんはそれを御守にしようと家に持ち帰りました。

しかしその日からその家には災いがもたらされるようになりました。
怖くなったお婆さんはそのナイフを近所の刃物の神社と呼ばれるところの裏山に捨てました。
それから何も起こらなくなりました。

この話を聞いた僕は大急ぎでその神社へと走り出しました。
なぜならそのナイフの特徴は僕が殺人に使って森に捨てたものと全く同じものだったからです。

まさか拾われるなんて思ってもいませんでした。
もしそこに指紋でも残っていたら僕は捕まってしまいます。

神社の裏山について必死で探していると突然うしろから声を掛けられました。

「お待ちしていましたよ!」

振り返るとそこには鋭い眼光の男たちが数人、立っていました。
そしてこう言ったのです。

「警察署までご同行願います」

怖い話なんて最初から無かったのです。
警察が僕をおびき寄せるために広めた単なるデマだったのです。

こうして僕は捕まりました。