推理クイズ「母を訪ねて」

問題

高校生のマサヒロは幼い頃に母親が蒸発してしまい父親が男手ひとつで育ててくれた。

母親がいなくなったのは幼い頃だったので顔もよく覚えていない。父親や祖父母が愛情いっぱいに育ててくれたので母親に会いたいという気持ちになることもなかった。

高校では野球部のエース左腕として活躍しており、3年生最後の夏の県大会で順等に勝ち進み残すは決勝戦のみというところまできた。

あと1つ勝てば甲子園への出場が決まるという大事な試合に向け毎日一生懸命練習に励んだ。

そんなある日の夜、父親がマサヒロにある提案をしてきた。

「もうすぐ県大会の決勝だな。俺はもちろん応援に行くがせっかくの晴れ舞台だから母さんにも来てほしいんじゃないか?」

母親の記憶はほとんど残っていないどころか、自分を捨てて出て行ったということに対して恨みすら持っていたマサヒロは当然断った。

父親はマサヒロが自分に遠慮して言い出せないのではないかと思い「もし母さんに会いたいなら住所だけは教えておくから好きにすればいい」と言って住所を教えてくれた。

小さな食堂を営んでいるらしい。マサヒロの住んでいるところからは飛行機を使わなければ行けない場所である。

父親は「使わなければ小遣いにしていいから」と言って飛行機代まで渡してくれた。

母親に応援に来てほしいなどとは思わなかったが、自分の母親がどんな人物なのか、そして今どんな暮らしをしているのかということには興味があった。

数日間悩んだ挙げ句会いに行く事にした。

母親が営んでいる定職屋はすぐに分かったが店の前まできたものの中に入る勇気が出ずに外から覗いてみた。

そこには1人の中年女性が見えた。見た瞬間に自分の母親だと分かった。顔を思い出したというよりも自分にそっくりだったからである。

いきなり息子だと名乗る勇気はなかったので客として入ることにした。昼時を外したので店内には自分以外の客はおらず、店員も母親以外見当たらなかった。

優しい声で「いらっしゃいませ」と言われたが息子だということに気づいていないようだった。席に座ってナポリタンを注文した。

10分ほど待つと母親がテーブルにやってきてナポリタンの入った皿を置いた。それからフォークを置いた。

置かれたフォークを見た瞬間にマサヒロは母親が気づいているということを悟った。

なぜマサヒロはフォークを見て自分の正体がバレていると思ったのだろうか?

推理クイズ6

解答

フォークの柄を左側にして置いたから。

マサヒロは野球部の左腕である。つまり左利きである。

通常、の飲食店であれば客の使いやすいようにスプーンやフォークの柄の部分が右側になるように置く。

しかし母親はマサヒロが左利きだと知っていたので柄が左にくるように置いたのである。

スポンサーリンク

Sponsored Link

↑ PAGE TOP

Copyright© なぞなぞ・クイズ・推理問題集「頭脳と知能」 All Rights Reserved. Web Design:Template-Party